パークスルー

環境面のニーズに応える「パークスルー」

近年、都市の地表が建物や舗装ですっかり覆われてしまう為、雨水が地下に浸透せず、集中豪雨で下水道が溢れ、中小河川が氾濫する「都市型洪水」の発生、また夏期高温時になると地表温度が上昇し、「ヒートアイランド現象」生じることが環境面で問題となっております。特に都会に降る雨水の70%近くが地下水にもならず側溝へ消えてしまっているのが実情であります。この「雨水」を地下に還元することは地盤沈下をくい止めたり、夏期の都市部のヒートアイランド現象の緩和に役立つだけでなく、湧水を復活させたり、樹木や草花を生長させ緑を再生することになり、快適な都市環境づくりに貢献する意義は大きいものと思われます。 当社の保水性ブロック「パークスルー」は、地球にとってかけがえのない水資源である「雨水」を大地に還元し、「大地に水と緑の潤い」をもたらす環境指向型の「保水性ブロック」として開発したものです。

「パークスルー」における透水性・保水性の機能

「パークスルー」は「透水性ブロック」と「保水性ブロック」の両方の特性を併せ持つ「多機能型の舗装ブロック」です。
  • 雨水が表層路盤を通し、ゆるやかに路床に浸透するため、降雨時でも表面に水溜りが出来にくく、歩きやすい舗装ブロックです。
  • 一般的に「透水性舗装」に求められている透水性能は300ccの水が15秒以内に浸透することが基準値として規定されていますが、当社「パークスルー」は、この基準値を十分クリアしております。
  • 骨材に採用している「高炉水砕スラグ」(鉄鋼製品の副産物で原料は鉄鋼石、石灰石、コークス)は「多孔質形状」をしております。
  • 他社の舗装材は殆ど骨材と骨材の空隙による「点での透水」ですが、「パークスルー」は骨材そのものが多孔質な形状をしているため「面全体で透水」します。従って、透水能力が高く、長期間にわたって「透水機能」を維持できます。
  • 雨水が、表層に採用された「高炉水砕スラグ」の微細な「多孔質形状」の空隙に貯留すると同時に、保水した雨水を表面からゆるやかに大気に蒸発散することにより、舗装ブロックの表面温度の上昇を抑制することができます。その結果、夏期高温時における「ヒートアイランド現象」の緩和に役立つことが期待できます。
  • 路盤に浸透した雨水も、毛細管現象で表層部の微細な空隙に吸い上げる効果があるため、地表面の温度をいつも低く保つことができ、アスファルト舗装のような不快な「照り返し」がなく、さわやかな歩行性を実感できます。
  • インタロッキングブロック舗装技術協会の保水性舗装が品質基準値として定めた下記項目を「パークスルー」は全て上回っています。
保水量0.15g/cm3以上 → 「パークスルー」0.18g/cm3以上 吸上げ高さ70%以上(30分後) → 「パークスルー」90%以上(30分後) すべり抵抗性BPN値40以上(湿潤時) → 「パークスルー」BPN値60以上(湿潤時)
  • 骨材は製鉄段階で派生する高炉水砕スラグです。
  • 骨材そのものが微細で多孔質な形状をしているため面全体で透水保水します。
  • 骨材が「ミクロフィルター」の役割をはたします。
  • 従って長期間にわたって透水性及び保水性舗装として機能します。

当社舗装材に使用している「高炉水砕スラグ」は、大手鉄鉱高炉メーカーが厳重な品質管理のもとに製造しており、国が定める有害成分の溶出試験はすべてクリアしています。従って数多くある「スラグ」の中でも最も「安全」且つ「無害」な人工骨材です。 また「高炉水砕スラグ」は肥料やセメントの原材料の一部にも使用されております。

「透水性」と「保水性」の両方の機能を持つ 「パークスルー」の優れた特長

1「透水性」が抜群です
  • 骨材が微細で多孔質な形状をしているため「面全体」で透水します。
  • 透水性舗装に求められる透水係数0.01㎝/secを倍近く上回る透水性能です。
2高い「保水性」を維持します
  • 微細で多孔質形状の骨材(高炉水砕スラグ)の空隙に、表面からの雨水を貯留すると共に路盤・路床に浸透した雨水も毛細管現象で吸上げ、地表面に蒸発散させます。
3「歩行感覚」がソフトです
  • ソフトな歩行感覚で足腰の負担が少なく、高齢者や身体の不自由な方にもやさしいブロックです。
4「ヒートアイランド現象」を緩和します
  • 表層の微細な空隙に貯留した雨水が大気に蒸発散することにより、表面温度の上昇が抑制され、夏期の高温時における「ヒートアイランド現象」を緩和します。
5「耐凍害性」に優れています
  • 冬期、凍結融解の反復作用に対し、骨材(高炉水砕スラグ)が持つ多孔質形状(無 数の微細な空隙)が凍結時の水分の体積膨張による圧力を開放し、表面劣化を防止します。
6「エコロジー」なブロックです
  • 「パークスルー」に採用している骨材(高度水砕スラグ)は「グリーン購入法」に定める建設資材の調達品目に指定され、リサイクル率75%以上の「エコ」を実践するブロックです。
  • 環境負荷の軽減、地球温暖化の防止に役立ちます。

「保水性舗装」・品質基準値に対する 「パークスルー」の品質規格値の比較

性能項目 保水性舗装・品質基準値 パークスルー品質規格値
曲げ強度 3.0N/mm2 3.0N/mm2以上
透水性 透水係数 1.0×10-2cm/sec以上 透水係数 2.0×10-2 cm/sec以上
保水性 保水量 0.15g/cm3以上 保水量 0.18g/cm3以上
保水性 吸上げ高さ 70%以上(30分後) 吸上げ高さ 90%以上(30分後)
すべり抵抗性 (歩道用) BPN値40以上(湿潤時) BPN値75以上(湿潤時)
(注)インターロッキングブロック舗装技術協会品質規格による。
パークスルーの品質規格値は保水性舗装の各性能項目の品質基準値を全て上回っています。

カラーバリエーション

ソフトな色合いです。周囲の景観にマッチした色が選択できます。

仕様

型式 種別 厚さ(mm) 外型寸法(mm)L×W×H
PT-6h 平板 60 300×300×60
PT-6i インターロッキング 60 200×100×60
PT-8i インターロッキング 80 200×100×80
  • サンドクッション用の砂は、高炉水砕スラグのご使用をおすすめします。 高炉水砕スラグは、「潜在水硬性」があり、経時変化と共に固化し、降雨による砂の流出を防ぎます。
  • 表層厚6cmは、人・自転車・車椅子等が通行する舗装厚です。
  • 車道用の場合は、表層厚を8cmとしてください。
ビフォーアフター 三和グランドFacebook 採用例はこちら 技術情報 打ち水大作戦 高炉水砕スラグについて かわら版 施行の流れ テクニカルサポート クリーニングサービス 三和アーバンクリエイト